2017年07月29日 (土) | Edit |
+* .*+:.:+* *+:..:+* *+:.
   今 日 の ワ ン ち ゃ ん 
.:+* *+:.:+* *+:..:+* *+:.

IMG_9411.jpg
マサト君
6ミリのサマーカットにしました。
足裏もガッチリカットして、スッキリしました。

IMG_9421_201707291756046bc.jpg
ゴンちゃん
ハーブパックをしました。
身体が大きいので、パックはたくさん使います。

IMG_9423.jpg
コロちゃん
5ミリのサマーカットです。
ちょっと、ダイエット、必要そうだよ・・・。

IMG_9427_20170729175823583.jpg
だいちゃん
IMG_9425_20170729175841b92.jpg
マイクロバブルに入りました。
久しぶりに洗ったら、ずいぶん加齢を感じました。

今日もありがとうございました

IMG_9405.jpg

IMG_9408.jpg

野良猫に、トイレが設置できないのなら、餌やりを止めろという板橋区衛生課。

無理難題を押し付けて、猫の餌やりを阻害しようとしているみたいに感じる。

そもそも、餌やりをしている人たちの意識の向上を目指した啓蒙活動をしていない自分たちは問題にしていない。


http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/010/010788.html

衛生課のホームページの記述の一部・・・

排せつ物の片付け
•ふん尿の始末をしましょう。
•飼主のいない猫でもトイレのしつけが可能なので、トイレを設置してしつけをしましょう。

野良猫の後ろをついて歩けるわけもなく、どうすれば糞尿の片づけができるのだろう。

トイレの躾が可能だと言い切っている。
素晴らしい。
皆さん、困ったら、衛生課に聞くと解るみたいですよ。


愛護動物と愛玩動物はちょっと意味合いが違います。
愛玩動物はどちらなというと、飼い主がいるペットのようなくくりの感じがします。

愛護動物はそれらも含めた、11種類の動物のことです。

所有者がいる動物の管理責任は当然、所有者が持つべきです。
所有者がいない、野良猫の管理責任を、餌やりをした人、TNRをした人に押し付けようとする板橋区の姿勢は見過ごせません。

行政の職務怠慢とまでは言いませんが、自分たちが頭を使わずに、看板も立てず、区内のボランティアと協力もせずに、まるまる、丸投げにして、責任を押し付けようとしているように見えます。

猫のトイレの発想は東京都も絡んでいるようですが、板橋区ほど強い物言いではありませんでした。


板橋区の衛生課はあてにならないと、区民が言ってい事、まんざら嘘ではなさそうに思いました。

区長への手紙も、区長へは届きません。
各部署へ回されるだけです。
10年前から変わりません。

区民の声は区長には届きません。

埼玉の上田知事へのメールは、直接届き、すぐに対処してくれて素晴らしかったなぁ・・・



板橋区には、がっかりだ。



今日も一日、ありがとうございました。