2015年01月31日 (土) | Edit |
.:+* *+:.:+* *+:..:+* *+:.
   今 日 の ワ ン ち ゃ ん 
.:+* *+:.:+* *+:..:+* *+:.

IMG_0615.jpg
海斗君
IMG_0617.jpg
こんな風に笑ってみました。


IMG_0627_20150131161413ea1.jpg
リク君
IMG_0625_2015013116143336b.jpg
こんな風に歌ってみました。


IMG_0631_201501311615201a7.jpg
アッシュちゃん
IMG_0629.jpg
ドライヤー終わったばかり・・・


IMG_0640.jpg
パセリ君
IMG_0628_20150131161621a0f.jpg
15歳ですから、疲れます。


IMG_0642.jpg
ティアラちゃん
IMG_0643_20150131161712b02.jpg
(*'ー'*)ふふっ♪って感じ。

みんな面白い表情でした。

今日もありがとうございました

IMG_0602_20150131161838d8e.jpg
まだ雪が残っている所もありました。
昨日、洗って良かった。
じゃなかったら、グレーが目立っていたと思う・・・。

IMG_0604.jpg
太陽が嬉しく感じます。
ブルーボトルウォーターも病院に届けました。
曇りでもできるのですが、雨だと・・ねぇ。
問題ないそうだけど、気分の問題ですね。
水は逆浸透膜を使った浄水器のものです。

IMG_0611_20150131162717a85.jpg
敷物も何段にもなっていますが、ももこの首も2・3段になってます。

こうちゃんは、ドライフードにフリーズドライのササミをふりかけにてよく食べているそうです。
食べなくなることを心配して持って行った食パンまで食べているとか・・・。
足のプルプルは少し良くなっているし、ちょっと動いたりしているようです。

3日前の腎機能検査は(´・д・`|||)だったのに、正常値にって、ねぇ。
高Caとの戦いだったのに、低Ca だなんて・・・。
肝機能も良くなってるって・・・

この病院は採血のデータの正確性を重視して、外部の機関に出しているので間違いはないと思うのです。
ですから、言いかえれば明日は日曜で検査が出来ないのです。

月曜日の結果が楽しみなような、怖いような気がします。

対症療法といっても緩和ケアです。
痛みには痛み止め。
脱水には点滴。
高Caの倦怠感にはステロイドとゾメタ。
そして、直腸を圧迫してきた腫瘍に、ちょっと大人しくし貰おうと使ったパラディア

積極的にアポクリン腺癌と戦ったつもりは全くないのです。
こうちゃんが苦しくないように、辛くないようにだけを考えていたら・・・こうなりました。

何だか解らないけど・・・。
もちろん楽観視はできませんが、ネットで調べたり、これまでの症例とかは指標にならないみたいです。

以前Mさんから頂いたお守りも、皆さんの想いも、何だか解らない力も、病院の先生や看護師さんやスタッフの皆さんの想いと力、み~んなプラスに作用して、シナージ効果になってこうちゃんを守ってくれているとしか思えませんね。

本当に、有難うございます。




今朝のテレビ番組を耳で聞いていて、「ん・・」と動きが止まりました。

「日本だけ、ですよね」と言っていたのです。

イスラム国の人質事件をうけて「自己責任じゃないか。なぜ、血税を使って国が・・・」という発言を聞くにつけ、私は違和感を持っていました。

フリーランスのジャーナリストが居なければ、紛争地域の情報は解らないし、彼らがの視点がなければ、国やら何やらに情報操作されても気が付かず、洗脳される可能性だってあるのに・・・。

いや・・違和感はそんなところから出ているのではない、何か納まらない。
昨日の日中の感覚でした。

今朝の番組の中で、外国の人達に日本で、このような事件がおきると出てくる「自己責任で行っているのだから・・」という意味合いの通訳に困ると話していました。
外国の人には日本人のこの感覚が理解できないそうなのです。

たとえば、自己責任で車やバイクに乗り、事故に会って怪我をしている人がいるとします。
自己責任で、乗っていたのだからと見捨てませんよね。
救急車がきて助ける努力をするのが当たり前だと思っていますよね。
言うなれば、病気の中には日常の生活の管理が悪い自己責任のものもあると思うのです。
自己責任でしょって、ほっときませんよね。

なのに、このようなことが起こると、世論の中に自己責任という言葉がチラホラ出てくるのです。

世界の人達から見たとき、困った状況になっている時、助けようとすることが当たり前。
ところが、自己責任で行ったのだから、国が面倒を見なくていいという一部の日本人の思考を外国のこと達は理解できないそうです。

聞いていて、そうそうと思い、スッキリしました。
救助と自己責任ということは別物なのに・・・一緒に論じていることに無理があると感じました。
昨日からのモヤモヤが取れました。

実に単純な私です。

すみません・・・。
ちょっと、引っかかっていたものですから・・・。
私個人の感想です。

日本は平和ボケだと言われていますが、紛争地域がなくならないことは私たちの心の写し鏡なのでしょうね。
ヨルダンのパイロットの方も後藤さんも、無事に救出されますように・・・。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック