2015年02月03日 (火) | Edit |
.:+* *+:.:+* *+:..:+* *+:.
   今 日 の ワ ン ち ゃ ん 
.:+* *+:.:+* *+:..:+* *+:.

IMG_0788.jpg
テディ君
せっかくの丸い頭をお面で隠して・・・。
可愛い赤鬼です。

IMG_0796_2015020314495799b.jpg
わさび君
こちらも可愛い鬼さんです。
マメをぶつけられることはないでょう。

IMG_0806.jpg
マル君
生真面目な表情の鬼さんです。
何してるのって感じですね。


みんな、鬼のお面、案外嫌がらずに付けてくれました。

今日もありがとうございました

IMG_0755.jpg

IMG_0758.jpg

モモコさんはお散歩で人に会うのが好きです。
もちろん、可愛がって声をかけてもらい撫でてもらえるからです。
名残惜しそうに見送る姿も人気のもとです。


IMG_0762_201502030927086d0.jpg

IMG_0766_20150203092723789.jpg

節分って、昔の暦でいう大晦日なんですってね。
季節の変わり目は「立春」「立夏」「立秋」「立冬」があるけれど、春が年の始まりとして立春が元旦のようなものだったとか・・・。

で・・なぜ鬼かというと、季節の変わり目に鬼が来て邪気を与えると考えられていて、鬼の目に豆をぶつけて追い払ったところから、「豆まき」なのだそうです。
ちなみに魔豆というごろ合わせもあるとか。

季節の変わり目は体調を崩しやすいから、昔の人達は邪気のせいだと思ったのでしょうか。

炒った豆を使うのは、邪気を追い払った豆から芽が出ないようにとの意味だそうです。

ちなみに、年の数を食べると言いますが、数え年なので1個多い数になるし、あと1個多く食べると、より健康に一年を過ごせるとか言うそうです。

平安時代に中国から伝わったとかも書いてありました。

単純に、冬が終わり立春(暦の上では春)となるその前日に春の訪れを喜び祝う行事、なんていうのも書いてありました。

恵方巻きは大阪で巻きずしを食べる風習があったことから、コンビニのセブンイレブンが恵方巻きとして命名し、販売したものって知ってましたか。
だから、文献はないのです。
おもしろいでよね。

楽しければ何でもいいか・・・の日本人のノリでしょうか。
ちなみに、私は食べません。

鬼のお面は作りましたが、豆はぶつけません。
何故なら・・・ももこう、どちらも大好きで、パクパク食べて、お腹をこわしそうだからです。
ちょっとだけあげたら、カリカリさせて喜んで食べていました。


さて・・・お蔭様で、満月の波はこうちゃんのお腹の腫れ物(皮下膿瘍)にも作用して、破裂させてくれました。
排膿されたので楽になるでしょうが、ちょうどおちんちんの横なのでガーゼも当てにくく厄介です。

浸出液が多くて、薬局に2回も行きました。
明日は受診ですし、抗生物質も内服しているので・・まぁ、大丈夫でしょう。

問題は、輸液も半分でステロイドも利尿剤もやめてCaがどうなっているのか、です。
パラディアの効果が出ているとしたら、すごいです。

パラティアは、まだまだ、新しい薬で、作用も副作用も、もしかしたら投与量や用法さえ手さぐりの状態の薬です。
ですから、文献も少ないし症例数も少ないのは当然です。
そして、使うことを躊躇する獣医師が多いこともわかる気がします。
こうちゃんは選択肢がなかったので、排便困難の対策として使いましたが、選択肢が他にあれば使わなかったかもしれません。

でも、誰かが使ってみて、臨床報告を積み重ねていかなければ、せっかくの薬がもったいないです。
こうちゃんを見ていて思います。
肥満細胞腫とアポクリン腺癌には光が射したと思います。
他の悪性腫瘍への効果はどうなのかしら・・・膠原病は・・
低分子標的薬って、これからもっと研究が進んで進化していってほしいですね。

IMG_0771_201502031813207aa.jpg

IMG_0798.jpg

ももこがゲージに入っている日中はずーーーっと、お布団の上にいるのですが、ももこが出てくると行きません。

IMG_0807_20150203180714fce.jpg

こうちゃんは起きているのですが、ももこさんが解き放たれ、気が付かないふりで寝ているふりをしているところです。
モモコも微妙な表情で、ちょっと困っています。

本当はこうちゃんにって置いたものだったのだし、もっと強気で当たればももこは引く思うのですが、優しい弱気なこうちゃんは戦いは回避するようです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック