2015年03月05日 (木) | Edit |
IMG_2393_20150305181440e6e.jpg

やはり陽射しには力を感じます。
光の春っていいですね。
夜明けも早くなり日が暮れるのも遅くなってきました。

IMG_2374.jpg

こうちゃんの一回目の散歩も明るくなりました。

IMG_2396_2015030518170381e.jpg

少しずつ歩く距離が長くなり、途中で伏せてしまうこともなく帰ってこられました。
明日は満月です。

IMG_2406_20150305181818ba5.jpg

こんなに食欲もあって、受診の必要性はさほど感じないのですが、土日を挟むし低Caが心配なので明日、行ってきます。


IMG_2390_20150305181954a7a.jpg

いつも応援、ありがとう・・・。

IMG_2387.jpg

なんて、ね。
若葉の緑が綺麗になってきました。

IMG_2380.jpg




今日はちょっと困りました。
倒れていた方の所から連れてきて預かっている犬を、お友達の方が引き取ると言いだしたのです。

しかし、お友達といっても他人です。
無責任に私の一存で「はい、どうぞ」ということはできません。
かなり不快なことまで言われてしまい、法律上のことはどうしようもないのに・・と、困惑しました。

行政は所有権は本人と親族だけと言います。
病院は他人には接触さえさせてくれません。
意識があるのかさえわからないのに・・・。

あまりの言い方に私もカチンときて警察に相談しました。
別に問題が無いのであれば、引き渡してもかまわないのですから。

警察が入った途端、ICUのナースに話を聞くことができ、本人の意思の確認がとれました。
結局、ここに置く希望だったのでお友達という方にも説明しました。
意識が回復していることさえ判らなかったので安心しました。

お友達は納得したと言うより、何か勘違いをしているように思います。
この犬が不幸なことにならなければ何でもいいのに・・・。
でも法治国家である以上、法律を遵守するのは国民の義務だから仕方がないのに・・・。
知性のある方のようなのに・・・解らないものです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック