2016年01月04日 (月) | Edit |
IMG_4956.jpg
温かい朝です。
1月だというのに、霜柱をまだ見ていません。

IMG_4970_20160104181552e35.jpg
モモコさんは、今日は美味しいものばかり食べています。
今朝のこうちゃんは、ほとんど食べず、生肉をちょっと食べただけ・・・
ほとんどがモモコさんにいきました。

IMG_4974.jpg
でも・・夜は朝よりは食べてくれたので、残りは朝よりは少なめ。
モモコさん用のシニアのドライフードを加えて、豪華な夕食です。

IMG_4973_20160104181837510.jpg
もっと食べられるのに・・・



IMG_4969.jpg
こうちゃんは、体位変換ができなくなりました。

右下にすると激痛らしく、左下でしかいられないようです。
また、左下になっている肩と前足には痛みがあるようなのですが、対策が見つかりません。

夕べは下半身が痛かったのか・・・どこが痛いのかさえわからない状態でした。
夜中の2時ころになって、やっと呼吸が穏やかになり、静かに寝はじめました。

パッチもレペタンも安定剤も効果がないのか・・・これ以上できることもなく、そばにいることしかできませんでした。
バンティングの状態の異常呼吸ですが、酸素も使っていますし・・・何もできないのです。

掛物を調節したり、クッションの位置を変えたり・・・ショーもないことをしていました。

馬尾神経を大きくなったリンパ節が圧迫しているのだとしたら・・・痛いはずですよね。

なぜか、2時ころに急に落ち着き、その後は今も落ち着いています。
その後は、痛み止めも安定剤も使わずに寝ています。
腎機能も肝機能も落ちていますから、解毒が遅くなっていることもあるのでしょう。

夕べはこうちゃんについていたので、部屋のキッキとピッピは不満げでした。
夜と朝、ちょっと戻っただけでしたからね。
今夜はどんなものか、今はまだ決めかねています。



決めかねていると言えば・・・入院中のニャンコさん。
富沢先生が「牛君」と呼んでいるらしいです。
白黒の牛ガラだからだそうです。
「ウッシー」でもいいかも・・・どうでしょう。

まだ、飲食をしてくれないそうで、痩せてきたそうです。
最近は強制給仕を嫌がり、逃げようとするので、可哀そうだから無理はしていないとのことでした。
皮下点滴で水分は補給しているそうです。

ステロイドはそろそろ切るそうです。
後ろ足はヨタついていますが、歩き回ったりはするとか。
野良さんなのに、スリスリしてきたり、撫でたりできるので処置は簡単だそうです。
トイレの砂には入ろうとせず、ペットシーツをしきつめているそうです。

問題は、口腔や鼻の奥の外傷で、食べることができないのか。
食べる意思がないのか。
味覚、嗅覚の異常なのか。
食欲とかの中枢の問題・・・って、あり

つまり・・どこまで何をやるか、なんですよね。
先生と相談し、内視鏡検査を検討しています。
大学病院だったらもっといろいろするのだろうけど・・と。

IMG_4445_201512241934531ab.jpg
残念ですが、経済的にはこうちゃんでギリギリです。
大学病院は難しい・・・。
全身麻酔のリスクもありますが、このままでは前に進めません。
麻酔下で口の中を良く調べて、今後を検討します。
内視鏡で何もわからなければ、MRIかCTということになるのかなぁ・・・。

とにかく、飲み込もうとすると鶏のような首の動きをして、食べることを拒否するそうです。
先生も、こんな症例を見たことがないそうです。

せっかく助かった「いのち」です。
なんとか生きてほしいと願います。


今日は、痛みも少ないのか、穏やかに寝て過ごしたこうちゃんです。
今夜も、このまま、痛まずに過ごしてほしいと願います。

今日も一日、有り難うございました。



ウッシーの予定が変わりました。
結局、個人の病院で できることには限りがあり、全身麻酔のリスクを承知で検査をするのであれば、最初から選択肢の多い大学病院で検査した方が良いのではないかということになりました。

東大の外科の診察の予約をとってもらうことになりそうです。
東大受診は一日がかりなので、こうちゃんのことと合わせて考えなくては・・。
費用も心配です・・・。

このままでは、先に進めない以上仕方がありません。
ウッシーに生きるチャンスがあるのなら、そのチャンスを摘み取るわけにはいきません。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック