2016年01月21日 (木) | Edit |
IMG_5712.jpg
まだ、雪が残っているのに、土曜日も雪だとか・・・。
暖冬で寒さに慣れていない体には、きついですよね。

IMG_5713_20160121190321dfe.jpg

IMG_5717.jpg
モモコさんも、こうちゃんのいない生活に、自然に慣れた様子です。
病院にいることが多かったから、受け入れやすかったのかもしれませんね。


ウッシー君は、砂でトイレができるようになったみたいです。
片側の視力が怪しいのと、ジャンプはできないくらいで、猫としての日常生活には支障がないとのことでした。
月曜に退院できそうです。
ちなみに・・日曜が満月です。

子猫の避妊去勢手術を生後3か月くらいにしてしまうところがあるのは聞いていましたが、まさか、リリースするとは思っていませんでした。
術後管理もせずに、無責任にリリースするのであれば、生後6か月前後まで待てないものでしょうか。
待つことのデメリットは何だというのでしょうか。

生後3か月で手術するのであれば、術後管理をして、耳カットはせずに、保護し里親募集をするべきです。
アメリカの真似ばかりで、合理性だけを追い求めているように、私には見えるのですが・・・。
どうなのでしょう。

リリースして、問題はおきていないと、断言しているけれど、信ぴょう性はあるのかしら・・・
だって、リリース後の調査もしていないし、継続した観察も管理もされていないし、もちろん、記録もないというのに。
動物虐待にさえ思えるのは・・・私だけかしら・・・

生後2・3か月の子猫の手術をして、数日でリリース。
母猫に会える保障もないし、術後合併症の危険性だって、大人の猫より免疫が完成していない子猫は高くないのかな。

発情が来る前に済ませればいいものであって、子猫は保護して里親を探すのがフツーだと、私は思うなぁ・・・。
性ホルモンと成長ホルモンの因果関係って、ないのかなぁ・・・

などと・・・独り言です。


今日も、一日、有り難うございました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック