2016年05月17日 (火) | Edit |
+* .*+:.:+* *+:..:+* *+:.
   今 日 の ワ ン ち ゃ ん 
.:+* *+:.:+* *+:..:+* *+:.

IMG_9588_20160517183358740.jpg
こてつ君
サッパリとサマーカットにしました。
今日は3ミリです。

IMG_9589.jpg
こまちちゃん
IMG_9585.jpg
今日でお泊りは終わりです。
長い飾り毛をカットしして整えました。

IMG_9592.jpg
アラン君
IMG_9591_20160517184205b91.jpg
ハーブパックをしました。
仕上がりは良かったのですが、体調がちょっと心配です。

今日もありがとうございました


犬の犬の引き取り屋と称する仕事がある国、日本

仔犬のレンタル業がフツーにあって、日本テレビやフジテレビ、まさかの読売新聞までもが疑問を呈するのではなく、幼いのちのレンタル業を、新しいビジネスとして紹介する始末。。

いのちを軽視しているように見えるのは、私だけかしら・・・

人が不要になるなんてことは考えたくないし・・そんな施設ができたたら恐ろしい。。。
犬を飼ったらどうなるかわからないと、まだまだ社会性も確立していない仔犬をレンタルで借りて体験し考えるという。
予測もできない想像力しかないなんて・・・なんと、情けないことか・・・。

子どもが生まれたらどうなのか、想像力が欠如している人たちは、人間の子どもをどこからかレンタルする時代が来るのだろうか。

タレントの動物達は、そのように養成され、盲導犬や聴導犬、警察犬などの延長線上にあるようにも見える。。。
しかし・・・
世界に、こんなペットレンタル業は、あるのだろうか。
ペットグッズ先進国、動物愛護後進ならではの職業に見えてならない。
ペットショップで、ガラスケースに命を陳列して販売しているシステムに違和感を持たないように洗脳されている日本人。

人に翻弄され、ブリーダーやペットショップ、ペットレンタル店から不要になったと引き取られ・・劣悪な環境に置かれ、いのちの輝きを失い、喜怒哀楽の感情を失い、無表情で無気力にされてしまう犬たち・・・
ドイツやイギリス、スイスなどの西欧の方たちが、こんな日本の現実を知っているのだろうか。

IMG_9581_20160517184529405.jpg
気が重いのは、雨が嫌いなももこさんだけではありませんでした。

IMG_9598.jpg

IMG_9599_20160517184602843.jpg

IMG_9600.jpg

こんなに表情が豊かであることが、、幸せなことなんですね。
こうちゃんは、嬉しいという感情表現をするのに、1年半かかりました。
I さんのところの大ちゃんは、喜怒哀楽の感情表現がまだ、ちょっと分かりにくいかなぁ・・・。

ペットレンタル業、、犬の引き取り屋、そして、猫の皮を使用している三味線・・・
私はいらない。


今日も一日、ありがとうございました。
コメント
この記事へのコメント
彼我の差に愕然
カナダでの山火事に関連して「山火事発生!避難者とペットの同乗を即座に許可した航空会社の「神対応」に絶賛の声」といった記事がネットを賑わしていました。http://news.aol.jp/2016/05/14/withpets/
様々なペット達(マスティフのような大型の子)も、飼い主とともに大人しく搭乗していました。恐らく日頃からよく躾けられているからこそでしょうし、それ故にこうしたことも社会に受け入れてもらえるられるのだ思うのですが、東日本の震災、常総市の水害、近くは熊本地震でのわが国の実情と比べれると、彼我のあまりの差に愕然としますね。
2016/05/18(Wed) 16:30 | URL  | ジャファー&ヨーダ大好き!! #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック