2017年01月22日 (日) | Edit |
+* .*+:.:+* *+:..:+* *+:.
   今 日 の ワ ン ち ゃ ん 
.:+* *+:.:+* *+:..:+* *+:.

IMG_6138_20170122183946999.jpg
レオちゃん
いつものように緊張しっぱなしのトリミングでした。(´・_・`)
本当に小心者のようです。

IMG_6142.jpg
クロエ君
可愛いテディベアカットに仕上がりました。(*^_^*)
四肢もしっかり太くカットしてあります。

IMG_6144.jpg
レオ君
まだまだお子ちゃまです。(* ´ ▽ ` *)
耳が片方だけ立っていました。

IMG_6147_201701221846329fb.jpg
ピーター君
トリミング中にお母さんはお出かけです。
ハーブパックを続けているので毛玉になりません。

IMG_6151_20170122184739a18.jpg
レアちゃん
ビッションの毛質は理想的かもしれません。
絡みも取れやすいし、汚れも染みつかず真っ白になります。(o゚∀゚o)v

IMG_6152_2017012218490569b.jpg
シーザー君
シャンプーとハーブパックだけです。
お泊りのついでです。(^∇^)

IMG_6158_201701221850052d6.jpg
スマイル君
一緒にお泊りでした。
弟に頼りにされているお兄ちゃんです。
IMG_6135_20170122185114516.jpg
お泊りは慣れていて・・こんな感じで過ごしています。


今日もありがとうございました

IMG_6161_20170122185213e8f.jpg
蘭のお花はみごとです。
こうちゃんに頂いた蘭の蕾はまだ咲きません。

IMG_6159_20170122185323d22.jpg
ももこさんの病気、昨日はさっとしか書かなかったのですが・・・

IMG_6165_201701221854157ed.jpg
よくわからないので、先生からの説明を引用しますね。

モモコさんは、免疫異常が疑われ、免疫抑制剤、つまり・・・副腎ホルモン、いわゆるステロイドの内服治療が始まりました。
検査的治療みたいな感じもあると思います。

炎症性腸疾患(ヒトだと潰瘍性大腸炎とクローン病)も膠原病のうちに入れられる場合もあります。
犬の炎症性腸炎は、リンパ球プラズマ細胞性腸炎やリンパ管拡張症が多いです。

ももこちゃんはエコーの所見からその2つとも疑いがあると思います。
確定には組織診断が必要ですからなかなか確定は難しいですが…

拡張型心筋症に関しては自己免疫の影響も研究されていますし、腫瘍の発生も免疫機構の問題から発生しますから、あながち全部別問題ではないかもしれません


こんな感じです。
フードも、消化器サポートの低脂肪に変更です。
食物繊維はサプリで補うことになりました。

免疫異常なんて、厄介です。
昨日は白血球が15000を超えていたようで、ステロイドに踏み切ることになりました。
消去法でやってきて・・・これってなったということです。

開腹手術をして組織検査でもしなければ確定診断はできません。
そんなことをする必要もないし。
田辺先生に相談しつつ治療をしていくしかありません。

IMG_6167_2017012219023149a.jpg
大病が似合わない顔だと思うのですがねぇ・・。

車いす、合うといいね。
せめて、散歩を楽しみたいよね~。


今日も一日、有難うございました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック