2012年09月20日 (木) | Edit |
今日は、お店は定休日です。
今日は、板橋の犬屋敷からの保護・預かり犬こうちゃんのことを書きます。

先日のシャンプーのとき、肛門の下の方に小さなシコリに気がつきました。
そして、受診。

腫瘍だそうです。

こうちゃんは保護当時から片目は失明していて足にも大けがをしていました。
なぜ、もっと早く保護しなかったのかと、悔やみ、反省しました。

DSC_0183.jpg
それでも、こうちゃんは人に対しての警戒心をほどいてくれ、周囲を癒してくれる子になりました。

フルーツ系男子のやさしいこうちゃんです。
40キロ近い体重のこうちゃんは、知らない人たちからは怖がられます。

そんな生活に慣れてきたころ見えていた方の目まで緑内障により、光を失いました。
安心して散歩も楽しめるようにと両眼球の摘出をしたのは数か月前のこと・・・。

R0012188.jpg
すっかり慣れて、きていました。
R0012589_20120918165006.jpg

そんな時、これから幸せに・・という時に発見された腫瘍・・。
少しでも小さいときのほうがいいでしょう。と

術前検査等の準備を始め、病院の手術予定とをみて詳しくは決まります。
どちらにしても、腫瘍摘出は、来月、早々に手術の予定です。
全身麻酔をかけてまだ2か月ほどしか経っていませんが、しかたがありません。

悪性の腫瘍でない事を祈ります。


人間の狩猟用の犬として翻弄され続けた8年。
保護されたものの、病気と治療を強いられているこの一年。

なぜなんだろうね?
こうちゃん。

何も知らないこうちゃんは、今はお昼寝中です。
完治してくれることを祈ります。
コメント
この記事へのコメント
うちも
ユキ丸の左足に腫瘍です。
日曜日に検査。
ともに良性を祈ります。
2012/09/20(Thu) 12:52 | URL  | snowy #-[ 編集]
snowyさん

いつもありがとうございます。
ユキ丸くんもだなんて・・・。
気がかりですね。

何だか切ないです。

最善を尽くすしかないですものね。
コメント、有難うございます。
2012/09/20(Thu) 18:14 | URL  |  #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック