2013年04月11日 (木) | Edit |
( ^∇^)/*。・゚・*。・゚・*。・*。・゚*。・゚*\(^∇^ )
さっきまで降っていた雨も上がり、v(^∇⌒*)⌒☆ ラッキー

歩いていると・・・
20130411071720.jpg

幹のところに、遅咲きの桜が咲いていました。

しばらくしたら・・
R0015079.jpg
判りますか
四葉と五つ葉・・・すごいですよね。

帰宅後、一日一回は「ちゃんとしなさい」と言ったところ・・・

R0015081.jpg  R0015082.jpg
と・・きっと、内心「おまえもな」と言っているのかも・・

そーーーんなに賢くないお二人さん、カメラのこちら側にオヤツをちらつかせてパチリでした。



ニュースで、アメリカで保護された「トウキョー」と名前を付けられたミックス犬の事、見ましたか

マイクロチップで日本で飼育されていたと判明したとの事です。
これから書くことは、私の持論です。

ももこもこうちゃんも、もちろん登録してあります。
もし、マイクロチップ挿入が義務化されていれば、登録しないでいる飼い主の指導もしやすくなりますし、狂犬病予防ワクチンとの連動も可能です。

なにより、飼い主が判明しやすくなることで、殺死処分も減ると思います。
2年前の大災害の時、生き延びた犬達の飼い主が生きていたのなら、もっと早く、会えたかもしれません。

猫も同じです。
地域猫や野良ちゃんも、避妊去勢の時、耳カットだけでなく、マイクロチップを入れておけばどの辺の地域にいた猫なのか、掌握しやすく、保護したときマイクロチップ挿入を確認できれば、その挿入者と連絡相談しやすくなります。

獣医師はすべて、リーダーを常備し、迷子の犬や猫をもって相談されたとき、照合問い合わせの手伝いができるようにすれば、行政の負担も減るだろう・・・に。

マイクロチップ挿入に賛否両論あるのは知っています。
そして、それは、ただの道具にすぎず、使うのは人間であり使い方もまた、人間次第なのだと思っています。

トウキョーちゃん、アメリカの方が帰国時に連れて行ったとまでは、解っているようです。
早く、飼い主さんが見つかるといいですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック