2013年09月13日 (金) | Edit |
.:+* *+:.:+* *+:..:+* *+:.
   今 日 の ワ ン ち ゃ ん 
.:+* *+:.:+* *+:..。>:+* *+:.

R0017028.jpg
シュンちゃんです。
17歳の元気なおじいちゃんワンコです。
皮膚が弱いので、医師の指示でヒビテン浴です。
最近、何か不安になるのか、夜に起きて吠えることがあるそうです。
フラワーエッセンスをお勧めし、検討して貰うことにしました。



R0017039.jpg
バッキ―さんです。
14歳。
耳が悪いのは、コッカーの宿命なのでしょうね。
飼い主さんの管理がいいので、耳も皮膚もコッカーの中ではダントツ綺麗なほうです。
最近、年のせいか、重力に顏のたるみが負けてきています。



R0017030.jpg
ラムちゃんです。
いつも元気印全開です。
カットの時も、そうそうじーーーーっとなんてしてくれません。
回りで誰かが動けば、えー遊んでくれるのー
で、「だめ」の一声。
今日も綺麗にカットできました。


今日もありがとうございました



こうちゃんの手術は25日に決まりました。
まだまだ先です。

何のために毎月受診し、早期発見を・・・。
でも、しかたがありません。これが現実です。
先生の都合がつかないのですから、しかたがありません。

保護犬の経済的背景は厳しい状況です。
ビンボーは辛いね、悪いねこうちゃん。(>_<)

25日まで2週間あるけど、転移とか浸潤とかって・・止めようね(^_^;)
腫瘍さんに、よろしくお願いしておいてね。



今日は、工事の為にいつもの道を使うことが出来ませんでした。
仕方がないので、こうちゃんをリードしつつ、別の道を・・・・

愕然としました。
吸い殻だらけのゴミだらけ。
気持ちが悪くなりました。
そして、この数か月前までは、私自身何も気にせずこんな道をモモコウやお客さんのお散歩に歩かせていたのかと、反省しました。

吸い殻を踏んで歩く犬のパッドには汗腺があります。
アレルギーなどで炎症を起こしているワンコもいます。

マナーの悪い飼い主を責めたところで声は、届きません。
ゴミをポイと捨てる人やポイ捨てを日常にしている喫煙者は、自分がマナーの悪い人とは、きっと考えたこともないでしょう。

先日の板橋区からの返信メールの抜粋です。

道路への灰皿、ゴミ箱の設置に対するご意見として回答させていただきます。
 灰皿については、道路法令上多数の人が滞留する駅周辺などの場所にしか設置できないこと、清掃等の適切な管理ができないこと、喫煙所付近のたばこの煙に対して苦情がでることなどから、一部の路上禁煙地区にしか設置していません。
 ゴミ箱については、ごみは基本的に発生者がその責任において処分するものと考えますので、設置することは考えていません。
 マナーの悪い喫煙者に対しては、喫煙マナー推進員による対応や迷惑喫煙防止に向けた駅頭キャンペーン等によりマナー向上に取り組んでいます。
 吸い殻を含むごみのポイ捨ての問題は、発生者のマナー向上が欠かせないと考えますが、ごみのポイ捨て防止に対するマナーの向上は、一朝一夕に実現できるものではありません。
区としては、今後もごみのポイ捨てをなくしていくため、駅頭でのマナーアップキャンペーン活動などにより条例の周知・啓発および迷惑喫煙行為の防止に取り組んでいきますので、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。



何の成果もあげていないキャンペーンをいつまで繰り返せば気が済むのかなー
対策、やってますよー。結果はともかくネ。
ということです。

自分のワンコのお散歩の時、吸い殻を踏ませない様に、気を付けてあげてくださいね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック