2014年10月01日 (水) | Edit |
アンの未来に光が・・・。

今日、病院を探していて下さった先生から、武蔵野市にある「日本獣医生命科学大学付属動物医療センター」で、手術が可能だとの回答を得たとの連絡があったそうです。

まだ生きている神経を圧迫している骨は削り、不安定な所はボーンセメントなどで固定を試み、椎間板などの欠落している所には再生医療を施すそうです。

素人の私たちにはよく理解できませんが、今のままでは確実に神経症状の進行は止められず、麻痺が進行するだけ
だそうです。
しかし、この外科的治療と再生医療をすることで、自力で歩ける可能性があるそうです。

手術費用は、最低でも50万円。

これた゜けの治療で50万円は、かなり安くして頂いているようです。
手術費用で50万円なので、術後の治療、リハビリを考慮すると倍の金額を考えた方がいいのてしょう。

とはいえ・・・今でさえ、持ち出しの保護活動です。
簡単に準備できる金額ではありません。

そして、アンの病状は待っていてはくれません。
経済状態を理由に、見捨てるなんてできません。




   【アンへの募金のお願い。】

  アンという豆柴です。
  まだ、乳歯が残る1歳前後の保護犬です。
  脊椎の先天奇形と骨異常だけでも重症なのに・・
  人による酷い仕打ちをうけ、背骨の骨折までしています。
  下半身不随の状態にあり、症状は進行すると予測されています。
  手術により、今以上の機能の維持・回復が見込まれています。

  人によって受けた仕打ちを、人の手で、人の想いで救いたい。
  今、できることをしてやりたい。

  これまでの仕打ちを受けても、人を憎むこともせず・・
  愛らしい表情を振りまき、 健気に生きているアンを、
  どうか、助けてください。

  【振込先】
 ≪銀行名≫郵ちょ銀行 
 ≪口座名≫板橋の犬たち
 (他金融機関からの場合)店番008 (普)2395478 
 (郵便局からの場合)  記号10090(普)23954781


皆さん、募金のご協力をお願い致します。

そして、拡散をお願い致します。
宜しくお願い致します。

 



IMG_3059_201410011755131c8.jpg

IMG_3062.jpg

IMG_3063_20141001175538e12.jpg

IMG_3064_201410011755499bd.jpg

アンちゃんも、走れるようになってほしい。
せめて、歩けるように・・立てるように・・

そして、新しい家族に迎えられ、幸せを掴めますように・・

IMG_3053.jpg

きっと、こうちゃんも応援しています。

IMG_3067.jpg

今日は、サーモンを焼いてキヌアとアマランサス入りのご飯に混ぜたものを完食。
食パンも、6枚切りを一枚。
もっと欲しそうでしたが、食べ過ぎ・・・。

IMG_3071.jpg

夢の中で走っているのでしょうか・・・
ヒクヒクしながら四肢を動かしていました。

アンちゃんも走る夢、見るのかな。
夢ではなく、現実に走りたいね。
コメント
この記事へのコメント
アンちゃん、手術による改善の可能性があるとのこと。

ようやく入り口に立てたという所ですが、同時に大きな一歩でもありますね。

柴犬のブログで上位の所や、各地の遺棄されたペットの里親捜しなどをされておられるところ(できるだけ全国に散らばるようにして)10カ所ほどに記事掲載の依頼を行ってみました。

どれほど効果があるか分かりませんが、一日も早い手術実現を願っております。
2014/10/03(Fri) 13:15 | URL  | アンちゃんの手術実現に向けて #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック