2014年11月02日 (日) | Edit |
.:+* *+:.:+* *+:..:+* *+:.
   今 日 の ワ ン ち ゃ ん 
.:+* *+:.:+* *+:..:+* *+:.

IMG_5060_2014110218371708d.jpg
バズ君
こだわりの頭のカットです。
しかも、大きめなのがポイントなのです。

IMG_5063_20141102183814060.jpg
ゴロー君
男の子なのに、女の子みたいなお顔です。
お顔は小さいのですが・・・身体が・・・ダイエット、やってみよっか。

IMG_5067.jpg
爽夢君(サム)
愛情、目いっぱいに注がれて、ワガママ全開。
お店では、ワガママ、通じないよ。

IMG_5068.jpg
小麦ちゃん
いつもは、お手入れしやすく短くカットしているのですが、寒くなってきたので、今日は身体は切りませんでした。
カットスタイルもシニア仕様にしないとね・・・。

IMG_5069.jpg
ゴンタ君。
こうみえて・・・シーズです。
お母さんのご希望の丸刈りで・・・ちょっと、寒そう。
洋服を着て帰りました。

今日もありがとうございました

IMG_5004_20141102184505fa5.jpg

IMG_5008.jpg

IMG_5016.jpg

こうちゃんは、好調です。
肛門嚢のアポクリン腺癌の手術後のリンパ転移とはいえ・・・。
こうちゃん、良い感じだよね。
対症療法しかしていなけど、痛みもなく食欲もあって、毎日楽しそうに仕事の邪魔をしにきます。

IMG_5007.jpg


ご来店のお客さんは、たいていの人がこうちゃんに声をかけてくださいます。
本当に、有り難い気持ちです。
ありがとうございます。

IMG_5023.jpg

IMG_5026.jpg

朝日がさして、雑草の水滴がキラキラして宝石のようでした。

IMG_5042.jpg

IMG_5041.jpg

休日は、町が静かで、野鳥のさえずりが良く聞こえ、楽しいお散歩になります。
尾長が群れで飛んでいました。

IMG_5051.jpg

IMG_5052_20141102185222897.jpg

今日は、ちょっと賢そうなモモコさんの顔を・・・
顔だけですけど・・・。




先だって、どこかの地域で犬税導入が検討され、残念ながら廃案になりましたね。


国民全体の意識の底あげ、動物を飼育するという責任と意識の向上のため、犬税、猫税を徴収するのが良いと思っています。

所有頭数が、1頭の場合より、2頭・3頭と増えるごとに、1頭分の税金を高く設定し、多頭飼育にセーブをかけることになりえます。
(保護動物を所持している或いは、登録許可をされている団体の犬税・猫税は免除されるべきです。)


動物の飼育は、生活の余裕であり、ぜいたく品のひとつと考えます。
経済的にゆとりが無くては、医療費・食費の予備が無く、十分な世話ができないわけですから、当然です。
感情論、趣味嗜好だけでは、責任を持っていのちを扱えないということです。

税収は、犬のトイレ設置と保護動物のために使うのもよいとおもいます。
犬のトイレは、住宅街の歩道上に設置し、むやみな場所での排尿を禁止するのがよいでしょう。(病気や躾途中はこの制限の範疇で背はない)排便と違って、排尿は飼い主の指示でがまんできるはずです。

犬用トイレは、地区単位の管理とし、管理ができないときは、犬の立ち入りを禁止する区域とするなど、ルールをきめなけれはなりません。(住宅街は居住する人達の、心地よい空間を維持することも重要である。)
排便は飼い主が持ち帰るのは当然です。(故意に放置することの違反3回で、飼い犬を取り上げる)

動物を飼育している人とそうでない人が同じコミュニティで生活しているのに、国や地方自治体の予算を使って様々なことを行うのだから、保護活動、避妊去勢手術、センターの維持管理などは他の税収を使わず、犬税・猫税を使うのも妥当と私は考えます。

税金を取られて喜ぶ人はそういないのはわかりますが、酒税や自動車税と同じ感覚でも良い気がするのです。

このような、国としての姿勢が、国民全体の動物を飼育することへの責任をもつとの啓発につながり、しいては、意識の向上につながる可能性はあると思います。
コメント
この記事へのコメント
「板橋の犬たちを助けて」掲載の、アンちゃん退院のお知らせ(退院院しました。:2014/10/30)
http://itabasinoinutati.blog47.fc2.com/blog-entry-594.html
が、先日アンちゃんの手術の件を掲載いただいた「湘南凸凹柴日記。」で紹介されていました。
http://shibamikan.blog.so-net.ne.jp/2014-11-02?comment_success=2014-11-02T22:19:53&time=1414934393

また、同じページのコメント欄にもアンちゃんの退院を喜ぶコメントを寄せている方々がおられます。
2014/11/02(Sun) 23:22 | URL  | アンちゃんの退院紹介 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック