2014年11月14日 (金) | Edit |
.:+* *+:.:+* *+:..:+* *+:.
   今 日 の ワ ン ち ゃ ん 
.:+* *+:.:+* *+:..:+* *+:.

IMG_5626.jpg
ケンタ君
お父さんは、がんばってダイエットをしてくれました。
おかげで、ケンタくんは歩くのが楽そうです。

IMG_5635.jpg
みそかちゃん
大晦日に保護されたと言う、ワンコです。
みそかちゃんは、とっても優しいお父さん、お母さんの大切な家族になりました。
もうすぐ一年です。

IMG_5636.jpg
チャチャ丸くん
プードルとポメのミックスさんです。
四肢の毛が伸びないところがあって、カットが難しい・・・。

今日もありがとうございました

IMG_5590.jpg

さて・・・
この後姿は、どちらでしょう・・・。

IMG_5607.jpg

水鳥が戻ってきた新河岸川です。
水鳥が消えた川は、変でした。
自然は長閑で、いいですね。

IMG_5612_2014111420224614f.jpg

IMG_5620.jpg

ももこさんの表情は良く変わります。

IMG_5614_2014111420235062c.jpg

光の悪戯って、楽しいですよね。
妖精か何かが悪戯しているみたい。

IMG_5629.jpg

こうちゃんは食事はとれてます。
末梢循環が悪くなっているのか、皮下点滴の吸収が悪くなってきているのが気になります。
利尿剤を増やしていますが、腎臓への負担も考慮しなければならないので、徳留先生も考えていました。

先ほど、夕方の点滴を1ℓ入れました。
早朝の排尿から始まって、バタバタと、一日が過ぎていきます。

IMG_5630.jpg

こうちゃんの大あくびです。

IMG_5634.jpg

顔はやつれましたが、体重は変わっていません。

Caが高くならないように、して、腎不全がまだ起きませんように・・・
今日も、何とか過ぎてくれました。

お蔭様です・・。

最初の後ろ姿の写真は、こうちゃんでした。




今日は、殺死処分について、です。

都道府県が管轄している動物愛護相談センターでの殺死処分にかかっている予算を、救う為の予算にできないものでしょうか。

ちなみに、ドイツでは、殺死処分は禁止すると明文化されていませんが、国内全体の風潮が殺死処分をしないという方向にむいているそうです。
日本とは比較にならない意識です。

日常のように殺死処分がされているのが悲しいです。

日本では、ガス室でも窒息死だと、ドイツの方が聞いたら、日本人をどのように思うのでしょう。

また、ドイツでは生きている動物の目の前で、他の動物を殺してはならない。と、動物の心や感情にも気配りをしています。

動物の生死は人間の都合によって簡単に決められてよいかどうかも、その国の価値観、倫理観が影響するかもしれませんね。
その国の人にとって動物がどのような存在なのか、が現れているのかもしれません。

倫理的な問題は、我々日本人は、動物愛護先進国であるドイツの状況を学べばよいと思います。
ドイツでは、動物保護関連の法律や保護運動の基盤は、人間のためではなく動物自身のための動物保護に置かれているそうです。

ドイツをはじめ西欧諸国では、牧畜、肉食文化には歴史があります。
そして、動物との付き合いはとても長いものです。

だからこそ、時代が進むにつれ、人間中心主義的な倫理観ではなく、少しでも動物の福祉、権利に配慮しようとする方向へと社会全体が変わってきたのかもしれません。

少なくとも、現時点で動物の権利に関して、可能な範囲でこの問題と取り組み、最善を尽くそうとしているのがドイツやヨーロッパの状況のようです。

日本とドイツの一番の違いは、困っている動物達をどうにか助けてあげようという考え方が、社会に根づいている事です。
殺すのではなく、救うことが前提になっているところが、絶対的な違いなのです。

動物保護施設は、次の飼い主が見つかるまで、保護される施設なのです。
今日の日本で、殺死処分された犬や猫と、繁殖者のところで生まれた犬・猫の数は、どれくらいなのでしょうか。

まずは、殺す前に、繁殖制限をするべきです。
ペットショップやホームセンターなどの、生体販売は禁止するべきです。

そして、日本という国が、殺死処分を禁止する国になってほしいと願います。


コメント
この記事へのコメント
「ドイツでは、健康に問題がなく、特別な問題が無い状態での殺死処分は禁止する。と明記され」。
ドイツ連邦共和国では、そのような規定のある法律は存在しません。
なんという法律で、該当する条文を必ずドイツ語原語で示してください。

私は、このブログ記事で、過去に何度も記述に対する根拠を示していただくようコメントしましたが、一つも根拠を示されていません。
事実無根の妄想、想い付きを公にするのは。それを真実と誤認する人も出てきます。
社会にとっては害悪です。
2014/11/15(Sat) 14:10 | URL  | さんかくたまご #lBFK5hYU[ 編集]
Gesetz über das Halten und Führen von Hunden in Berlin
http://www.berlin.de/imperia/md/content/sen-verbraucherschutz/lesefassunghundegesetz.pdf?start&ts=1178539344&file=lesefassunghundegesetz.pdf



§4 Gefährliche Hunde
(1) Als gefährliche Hunde im Sinne dieses Gesetzes gelten:
1.Menschen oder Tiere gefährdenden Eigenschaft auszugehen ist; als Ausbildung giltnicht eine Ausbildung zum Schutzdienst sowie die Ausbildung zum Zivilschutz hund bei der Polizei, beim Bundesgrenzschutz, beim Zoll oder bei der Bundeswehr.
2. Hunde, die einen Menschen oder ein Tier durch Biss geschädigt haben.
3. dass sie unkontrolliert Wild oder andere Tiere hetzen oder reißen.
4. Hunde, die wiederholt Menschen gefährdet haben,
§ 10 Auflagen, Sicherstellung und Tötung

(1) 1 hat die zuständige Behörde die notwendigen Maßnahmen zu treffen, um eine weitere Gefährdung von Menschen und Tieren abzuwehren.
2 Die Haltung von Hunden untersagen und die Tötung des Hundes anordnen.

ベルリン州犬法
§4危険な犬
(1)この法律で定める危険な犬は以下の通りに定めます。
1、人間や他の動物に対して危害を与える可能性のある、警察での訓練、ドイツ連邦、税関でまたは軍の市民保護犬の訓練、保健サービスとしての訓練を受けていない犬。
2、人又はほかの動物に対して咬傷事故で怪我をさせた犬。
3、狩猟の獲物に対して、制御不能になる猟犬。
4、繰り返し人を脅す犬。
§10危険な犬の収容と殺害の要件
(1)1 権限のある当局は、人間や動物にさらなるリスクを回避するために必要な措置を講ずるものとする。
2 権限のある当局は、犬の飼育禁止と犬の殺害を手配することを命じることができる。
(ドイツ全州で、同様の規定があります)。


ベルリン州議会上院議事録
犬の公的殺処分数と予算について審議されています。

http://www.stiftung-naturschutz.de/fileadmin/img/pdf/Kleine_Anfragen/ka16-12520.pdf

このような根拠もなく、大嘘(ドイツでは法律で殺処分を明確に禁じている)を垂れ流すブログは社会の害悪です。
おやめください。
2014/11/16(Sun) 10:43 | URL  | さんかくたまご #lBFK5hYU[ 編集]
「ドイツでは、健康に問題がなく、特別な問題が無い状態での殺死処分は禁止する。と明記され、脊椎動物の殺死処分は、苦痛がないように不安がないようにしなければならない」。

脊椎動物とは、魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類です。
日本原産のコイや、メキシコ原産の食用カエル(ウシガエル)はヨーロッパでも悪性外来種とされていますが、ドイツでは健康なコイやウシガエルは殺処分してはダメなんですね!?
驚きです、このような法律は聞いたことがありません。
ぜひ、この根拠となる法律名と該当する条文を提示してください。
2014/11/16(Sun) 12:05 | URL  | さんかくたまご #lBFK5hYU[ 編集]
http://www.hundesport-ostermeier.homepage.t-online.de/html/stellungnahmen.html

Deshalb sei die Zahl der eingeschläferten Hunde extrem hoch.
In Hessen werden viele Hunde ungerechtfertigt .
Als Beweis dient eine Statistik des Innenministeriums in Wiesbaden, wonach in der Zeit von August 2002 bis September 2003 insgesamt 456 Hunde auf amtliche Anordnung getötet wurden.

(ドイツ)ヘッセン州では、多くの犬が不当な扱いを受けています。
証拠は、ヴィースバーデンの内務省の統計にあり、2002年8月から2003年8月の期間に合計456頭の犬が行政の決定により殺処分されました。

ドイツは、州政府が嘘の統計を発表する国なのですか。
ぜひドイツ大使館に抗議してください。
2014/11/16(Sun) 12:22 | URL  | さんかくたまご #lBFK5hYU[ 編集]
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-527.html

事後報告で申し訳ありませんが、この記事を引用させていただきました。




http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-527.html
2014/11/16(Sun) 13:28 | URL  | さんかくたまご #lBFK5hYU[ 編集]
「ドイツでは生きている動物の目の前で、他の動物を殺してはならない」。

私はかなりドイツの動物保護や管理に関する法律を原語で確認していますが、このような規定がある法律は今まで見たことがありません。
該当する法律名と、条文を原語で示してください。
2014/11/16(Sun) 13:57 | URL  | さんかくたまご #lBFK5hYU[ 編集]
「我が国は犬猫の殺処分を行います」と明確に、ドイツ大使館・領事館は日本語で公文書を公表していますが?
http://eggmeg.blog.fc2.com/blog-entry-519.html

在日本ドイツ大使館・総領事館のHPでは、「我が国(ドイツ)は犬猫などの殺処分を行うことがあります」と、日本語で明記しています。

>「ドイツでは、健康に問題がなく、特別な問題が無い状態での殺死処分は禁止する。と明記され」。

それとは矛盾しませんか。
この文書を原語で提示してください。




2014/11/16(Sun) 14:21 | URL  | さんかくたまご #lBFK5hYU[ 編集]
私も同感です。
何か意見を主張する以上、可能な限り証拠となるソースは必要だと思います。

私なら「こういう公的データ、法令などの条文があります。」と言う事実を示して「それを根拠に私はこう考えます。」と書くべきなんじゃないでしょうか。

証拠主義に基づかねば『嘘のつき放題』となります。

日本の動物愛護を推進させようと思う事の性根は悪い事ではありませんが「自分が良いと思う事」の為に証拠に基づかない記事を書いて結果として読者を騙す事は私は悪い事だと考えます。

2014/11/20(Thu) 00:00 | URL  | 猫糞被害者@名古屋 #eyFua8cs[ 編集]
こんにちは、更新記事を読ませていただきました。当方にとってすごく参考になりました。

偶然こちらのサイト記事を読ませていだだき、とても明るい気持ちになりました。
自分もそろそろ本気で考えてみようと思います、ありがとうございます。
こののブログにも解説がありますのでぜひご覧ください。
2017/03/05(Sun) 23:40 | URL  | 敏感肌 日焼け止め #-[ 編集]
The fee of regular immigration lawyer is away from the finances of a
greater part of immigrants. From temples to spas, from parks to markets- you will love every bitof your experience on this island.
These give free immigration advice on the most excellent ways to accomplish
your dreams.
2017/03/13(Mon) 04:46 | URL  | vietnam travel #-[ 編集]
こんにちは、更新記事を拝見いただきました。わたくしにとって大変勉強になりました。
私もいろいろと新しい更新情報がないかと模索おりまして、なにか気持ちに飛び込んでくるような、読んだだけでピンとくるような参考になる新着記事を探し回っていたんです。
そんなときこちらのブログ記事を読ませていだだき、メッチャ明るい気持ちになりました。
ウチもそろそろ本気で考えてみようと思います、ありがとうございます。
こちらの情報にもレポートがありますのでぜひご覧ください。
2017/03/13(Mon) 05:29 | URL  | チャップアップ ブブカ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック