2014年12月12日 (金) | Edit |
IMG_7529.jpg

IMG_7531.jpg

IMG_7534.jpg

クックは人見知りのオテンバ娘に育っていました。
推定生後4か月です。

骨折していた右の前足も、ちゃんと動かしてました。
関節を曲げることがちょっと困難な様子でしたが、走ったりよじ登ったりする力は十分そうでした。

抱っこすると、右の前足がしっかり機能していることが判りました。
おばあちゃんも抱っこして大喜びでした。

クック、先住のニャンコさんと仲よくしてもらって幸せになろうね。

シャイで臆病なクックのために、里親様は一部屋クックの為に準備して下さっているそうです。
富沢先生も段ボールにフードとオヤツと毛布・・・などなど、全部準備ていてくださいました。
本当に感謝の言葉しかありません。

2か月もお世話になったのに、費用はほとんど請求されませんでした。
申し訳ないのと同時に、やっていけるのかしら・・と不安になりました。
赤羽に住んでいる人達はラッキーですね。
IMG_7540_20141212111005808.jpg
逆に、こんな先生だから保護犬や猫を安易に連れていけないのです・・・。
北川犬猫病院でも手術のお手伝いをお願いするほど腕はあるので、整形外科とか外科系のことではどうしても頼ってしまいます。




IMG_7515.jpg

IMG_7502.jpg

IMG_7498.jpg
まさにO・ヘンリーの「最後の一葉」の木がありました。

IMG_7482.jpg

IMG_7483.jpg

IMG_7484.jpg

体調は安定しているので、今日は受診はしません。
よく食べます。
時々、前のめりに転びそうになりますが、筋肉も落ちているので仕方がないですね。

IMG_7509.jpg

IMG_7525.jpg

IMG_7526.jpg

お店を休みにしたので、ももこさんもくつろいで一日をすごしました。


皆さん、NK細胞ってご存知ですか。
ナチュラルキラー細胞のことです。
免疫に関与する細胞なのですが、採血で採取し2週間培養して、体内に戻すという治療があるのです。

もともと自分の細胞ですから副作用の心配はありません。
採取された細胞そのものがすでに力がなくなっていたりして、必ず効果があると言うわけでもないそうなのです。

しかし、培養したものを戻して確実にNK細胞が増殖した場合、効果的らしいです。
そして、アンちゃんが日獣に受診したときこの話になり、こうちゃんが受診している病院に専門医がいるとの情報を教えてもらいました。

そうです。
こうちゃんの主治医の田辺先生です。
こうちゃんの場合、静脈点滴ではなく、直接腹腔内に注入することになるそうです。

人間の場合、抗がん剤と併用するうですが・・・
問題は治療費です。

1回で10万円かかります。
始めは2週間おきに4回その後は1か月おきにするのだそうです。

今でも病院の治療費、薬や点滴の費用、サプリメント等々毎月20万くらいの支出で、持ち出しになりつつあります。
私がもっと経済的に豊かなら、迷わずやってみるところです。
I さんも価格を聞いて、無理かな・・と、小声で言っていました。

こうちゃん自身は何を求めているのかしら・・・。
でも、苦しまずに楽しく美味しく過ごせる日々がまだ続くと言うのは、私にとっては魅力的です。

明日、宝くじ、買いに行ってみようかな。


フィラリアの時も、知っているつもりが何も知らなかったことを知り、改めてフィラリア症を学び、知る楽しさを実感しました。
こうちゃんを見ていても改めて悪性腫瘍というものに向き合っている気がします。

細胞の種類や進行具合など条件は個々違うはずです。
やはり、専門医の存在は大きいと思います。
そして、タイミングと運・・・かな。


そして、アンちゃん。
順調らしいのですが、とにかくリハビリだと言われているようです。
来年、MRIを撮って詳しく調べた後、その後の治療を検討するのことでした。

神経症状や体の使い方など安定するまでは、I さんの大変な日々は続きそうです。

コメント
この記事へのコメント
こんばんは!

いつも楽しく拝見させて頂いております、ありがとうございます!

少しで申し訳ありませんが、今 振り込みをさせて頂きました。
いつも少しですみませんっ。
こうちゃんに治療受けさせてあげたいですね!

私も宝くじ 買おっ。
2014/12/12(Fri) 20:35 | URL  | 横浜 I です #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック